老後の投資の種類

資産運用のための投資の種類

生活が安定している老後

資産運用のための投資といっても、いろいろな金融商品が世の中にはあります。
その金融商品はタイプ別に分けて、2種類に分けることができます。
それは、元本が戻ってくるタイプと、元本が保証されていないタイプです。

 

 

 

【元本が戻ってくる金融商品】

 

国債や社債などの債券がこのタイプになります。
しかし、元本が戻ってくると言っても、100%保証されているわけではありません。

 

『国債』とは、国の予算が足りない時に国が借金をするために発行する債券をいいます。
期間が決まっていて、期間中の利子と満期日の元本を国が保証しています。
しかし万が一国が破綻してしまった場合には、元本が保証されるものではありません。
利子は年に2回にわけて支払われます。
その他に、地方自治体が発行する『地方債』もあります。

 

『社債』とは会社を運営するための資金を集めるために発行する債券をいいます。
株式と似ていますが、期間中の利子と満期日の元本が保証されていまが、
倒産などをしてしまうと、その限りではありません。
そのため、どんな会社でも発行できるわけではなく、
その会社を信用した上で購入する事になりますが、
会社の信用度によって金利が変り、信用度が低いほど金利が高くなります。
その他に、銀行などが発行する『金融債』もあります。

 

債券は途中で売却することもできます。
その際は、時価での取引となりますので、元本を割ってしまうこともあります。

 

 

【価格の差益で利益を得る金融商品】

 

株式や投資信託、為替証拠金取引(FX)、商品先物取引、不動産、
バイナリーオプションなどがあり、買値と売値の差額が利益となるため、
売買をするタイミングが重要になります。

 

『株式』とは、会社を運営するための資金を集めるために発行する証券の株券をいいます。
社債に似ていますが、元本は保証されず、元本割れの危険を含んでいて、
その会社が倒産などをした場合には、元本ゼロになってしまう可能性もあります。
金利の代わりに配当がありますが、会社に利益が出ない場合には配当も出ません。

 

『投資信託』とは、株式や債券などの金融商品に資産運用の専門家が投資をする時に、
その資金を投資家から集めて投資を行い、その時の損益を投資家に還元する投資のことで、
個人で投資をするより、資金が大きくなるし、実際に投資をするのはプロの投資家なので、
個人投資家が自ら投資をするよりも、高い確率で利益を得ることができます。

 

『為替証拠金取引(FX)』とは、二国間の通貨の為替差益で利益を得る金融商品です。
円高ドル安や円高ユーロ安と言われるのがその差益になります。
例えば昨日1ドル=80円だったものが、今日1ドル=85円になれば、
1ドルに対して円が5円値上がりしたことになり、100ドル持っていたものをその時点で売れば、
500円の利益を得られることになります。

 

『商品先物取引』とは、将来のあらかじめ決められた期日に、決められた数量の商品を、
決められた価格で売買することを現時点で約束をする取引のことをいいます。
商品には、農産物や鉱工業材料などがあり、
現物なので株式のように元本ゼロになる危険はありませんが、元本割れする可能性はあります。
老後も資金が必要になる
『不動産取引』とは、不動産の売買を行う際の漢学の差益で利益を得る金融商品ですが、
現代においては差益よりも、実際に不動産を賃貸することで得られる利益を目的とすることが、
不動産取引と言われることが多くなっているようです。

 

『バイナリーオプション』とは、金融商品の価格が、決められた日時までに、
上がるか下がるかを予想します。
例えば、為替証拠金取引(FX)において、ドルは円に対して、
本日15:00までに現在の80円よりも、「上がるか」「下がるか」を予想して、
予想が当たればペイアウト倍率という倍率によって、利益を得ることができます。
しかし、予想が外れた場合には、掛けた金額全額が没収となります。
投資金額は最低100円から掛けることができる会社もあります。

 

 

不動産投資とバイナリーオプションは、必ずしも差益で利益を得る金融商品ではありませんが、
元本が保証されないという点では、差益で利益を得る金融商品と同じように扱われます。

 

投資のリスクを知る