老後の資産運用

老後の為にも必要な資産運用

バブル時代の終焉

三十数年前にあったバブル景気。

 

あの当時の郵便局の10年定期は、金利8%以上もありました。

 

株式や不動産などの資産も過度な高騰をし、経済は拡大して行きました。

 

 

 

資産運用において、こんな時代だったら、資産を金融機関に預けておけば、
おもしろいようにお金は増えていたはずです。

 

しかし、今ではそれは夢のまた夢。

 

金利は1%を切り、金融機関に預けておいても増えることはなく、
預けておいた金融機関が破綻でもすれば、1000万円以上の金額は保証されず、
失ってしまうと言うリスクを抱えてしまうことになります。

 

 

こんな時代になってしまったのはバブル崩壊が原因ですが、
その後少しづつ持ち直してきた所に起こったリーマンショックで再び景気が後退してしまい、
そこから立ち直ることなく、今に続いているのが現状です。

 

 

しかも年金制度は崩壊寸前で当てにならず、これから年金受給者になる方々は、
今後年金を貰えるかは怪しいところです。

 

 

そんな時代に少しでも収入を増やそうと思ったら、資産運用をする以外、他に有りません。

 

資産運用といっても、預貯金での資産運用は前記したとおり難しく、
預貯金以外でということになると、投資で資産運用をする以外にありません。

 

 

バブル経済絶頂の頃には、一部のお金持ちや、地主の方々は投資で大きな財を成す人も現れ、
そんなイメージからか、投資はお金持ちのするものという観念が根付いてしまいましたが、
今は違います。

 

 

いろいろと法整備や新しい制度ができ、以前は大金が必要だった投資が、
庶民でも参加出来るほど、小額から投資できるようになりました。

 

 

特に株式や先物取引といった投資は、
昔から存在している投資方法で、

 

少なくても百万円単位のお金を必要としていましたが、
今は十万円から投資できるものもあり、

 

誰もが株式や先物取引に参加できるようになりました。

 

バブル時代

 

また、海外で取引の行われていた外国為替証拠金取引(FX)は、
法の整備により、日本国内でも幅広く取引が行われるようになりました。

 

そんな頃に現れたのが一人の主婦で、FXで数億円の利益を出したものの、
その利益に対する税金が支払われていなかったことが分かり、大きな問題になりました。

 

 

 

このように、今では投資は庶民の必需品といっても過言ではありません。

 

預金は利息が付かないどころか、金融機関の破たんというリスクを背負っています。

 

同じようにリスクを背負うのなら、もっと資産を活かすことのできる投資を選ぶ方が、
賢い選択ということができるはずです。

 

そして、当てにならなくなった年金制度を信じて、老後に大変な思いをするのではなく、
老後を有意義に過ごす為にも、投資で資産を運用することこそが必要になるのです。

 

では、早速左メニュー投資という資産運用とは?から読んでいってください。


トレード型の投資はバイナリーオプションがお勧め

老後の資産運用

 

 

投資と言っても様々な種類の投資がこの世界には存在いたしますが、

 

まあ、種別をざっとあげても、

 

自己投資なども投資の種類になるわけですが、

 

大きくわけると
固い投資でちょっとだけ資産を増やす投資と

 

リスクはあるけど、大きく資産を増やせる可能性が高い投資と

 

2種類に分けてもよいと思います。

 

 

大きく資産を増やす可能性が高いのが

 

トレード型の投資になります

 

厳密に言うと、投資と呼ぶより、投機と言った方がしっくりとくるのですが、

 

トレード型の投機の代表はやはり、

 

今流行の

 

FXになるでしょう、

 

しかし、FXは中々難しいと言うのも現実です

 

FX投資家の内で一年を通じて利益を増やす投資家は、おそらく10%前後になるでしょう

 

 

そこで、

 

今、一番のトレード型の投資のお勧めは、

 

バイナリーオプションです。

 

バイナリーオプションと言う投資は、FXと似ているのですが、
FXの難しさをカットしたような仕組みになっていて、

 

毎年、何億円も儲ける事は実質的に不可能に近いのですが、
数千万円くらいまでであれば、運用益を出すことが可能な投資です。

 

億単位で資金がある人にはお勧め出来ないのですが
数千万円単位の資産を少しずつ増やしたいと言う人向けの投資内容になります。

 

バイナリーオプションについての詳しい解説は下記サイトを参考にしてください

 

 

初心者向けの投資入門 バイナリーオプション

 

しかし、注意して欲しいのは、

 

投資とは、貯金とはまったく概念の違う資産運用です

 

あくまでも自己責任で、

 

大きく運用益を出す人がいる一方で、運用益を出している人に資産を取られてしまっている人がいる形です

 

投資は必ず、自ら勉強して行わないと言う事なのです。